介護支援専門員

日本は現在、少子高齢化が特に進んでいる国として世界的に有名です。
少子高齢化は、全体の人口に対して高齢者の割合が多い状態のことで、2008年には5人に1人が65歳以上の高齢者であるとの調査結果が出ています。
高齢者が増えることにより、日本中に介護施設が増え、多くの方が介護施設に入って生活を送っています。
また、介護施設の数が増加することによって、最も需要が高まるのが介護関係の仕事です。
介護関係の職種で最も一般的なものといえば介護士で、介護士は施設の中などで高齢者の方の介護を行うことを仕事にします。
介護士の数は年々増加していて、最近では多くの方が介護士として全国の介護施設などで活躍しています。
そして今、介護職の中でも最も需要が高まっているものといえばケアマネージャーです。… Read more

介護者のパートナーに

ケアマネージャーは、介護を受ける高齢者の方たちのパートナー的な存在ですので、常に介護を受ける方に対して近い位置で接することができます。
誰よりも一番近い位置にいますので、介護職としてのやりがいをどの仕事よりもたくさん感じる事ができますし、介護者の方たちと親密な人間関係を築くことができます。
そうすることで、仕事に対するモチベーションなども常に高く保てるようになりますし、介護者の方たちからも信頼されて自分の仕事に対して自信を持てるようになります。
介護業界の中には、様々な資格や職種がありますが、その中でもケアマネージャーという資格は特に人気の資格でもあり、介護の現場から最も必要とされている資格でもあります。… Read more

就職に有利

少子高齢化が進む日本では、自然と介護業界の求人というものが増えています。
それと同時に、介護士として働く方が増えていて、今では多くの方が介護士として全国の介護施設などで活躍しています。
一方、他の職種では不景気の影響もあり、多くの方が仕事に就くことができない就活難に陥っている状態です。
仕事があったとしても、正規労働者ではなくパートやアルバイトといった仕事になります。
しかし、ケアマネージャーは少子高齢化の影響もあり、介護業界の中でも特に需要が高まっている職種、資格でもありますので、多くの介護施設がケアマネージャーの資格を持っている方を必要としています。… Read more

手当が付きます

ケアマネージャーとして働くメリットは、肉体労働から頭を使った仕事に変わるというものがありますが、その他にもメリットはあります。
それは、ケアマネージャーは公的資格になりますので、ケアマネージャーの資格を取得しているだけで資格手当を支給してもらえるようになります。
資格手当がもらえるということは、必然的に給与が上がることになりますので、お金を稼ぐことができるのです。… Read more